基礎知識を学んで住宅ローンの準備をしよう

無茶なローンを組むのはよそう

 誰でも今住んでいる家を追い出されることほど、屈辱的で悲しいことはありません。それを避けるためには、どんなことでもしようと思うのは理解できます。

 

 しかし、知人が取った方法は、完全に間違っているものでした。住宅ローンを返済するために、他のローンを申し込んでいたのです。低い金利の住宅ローンの返済を、高い金利の別のローンでまかなおうとするなんて、常識的に考えたら誰でも無茶な話だと思うことでしょう。

 

 それが、切羽詰った人間には、見えないことがあるのでしょう。その知人は家を失い、その後に残った借金も返せなくなりました。そして、最悪にも自己破産することになってしまいました。住宅ローンが返せなくなったとしても、もっと他にいい方法があったと思うと残念です。

本当に住宅ローンは組むべきか?

最近思うのが今のボロアパートに7万払っているが中古でもいいからマンションを買って暮らしたほうがいいんではないかということ。

 

セキュリティや管理面の充実さを考えるならマンション、気軽さやリスクの少なさを考えるなら賃貸が良いということになると思う。そのことを考えつつ、もし住宅ローンを組むなら固定金利が良いのか変動がいいのかということも考えるところ。

 

住宅ローンが最近は下がってきているらしいというニュースも聞くが今回の自民党政権で景気が上がれば金利が上がるという説もある。そうなれば固定金利で住宅ローンを組んだほうがよさそうだ。ただ結局金利が上がるかどうかは誰にもわからないと思う。この先何が起こるかはだれにもわからないから。